製品案内 > QRacing ソフトウェア
トラックシェア
- トラックダウンロード
 
 
 

這個頁面上的內容需要較新版本的 Adobe Flash Player。

取得 Adobe Flash Player

 
 
QRacingはレーシング専用分析ソフトウェーア
QRacingとはQSTARZから開発されたレーシング専用の解析ソフトウェーアです。 走行セッションの記録やデータ管理ながらレース走行の分析により自分のテクニックや車両のチューニングを上達させ、様々なレースモードに対応し。サーキット、ドラッグ、ラリーレースなど、QRacingは各モードのベストタイムや走行記録の分析 することが出来ます。手軽に設定しによりサーキット記録で図面化に分析もできます。そして、ソフト内で他のドライバーやベスト記録者の走行データを分析比較することも可能です。QRacingは間違えなく、レースの愛好ファン達に有力的な味方でもあり、専門で操作簡単なソフトウェーアです。



コース図を内蔵、コース図の自動認識機能もできる
QRacingは相当スマートな計測、分析のソフトウェーアです。全地球ドラッグコース図を搭載し、いずれにしてもサーキット軌跡データをインポートして、起終点の自動認識を見つけ出すサーキット記録に、すぐ分析し始まります。
ビーコン(タイム計算標記点)の編集は自由自在
レース走行計測の前に、ビーコンのマーク標記を編集することが出来る、または走行後の何時でもソフト内で編集と設定も可能です。QRacingのビーコン設定はユーザー様に簡単な新規作成、削除、インポート、エクスポート機能を提供しております。
各レーシング走行軌跡を図面化で分析する
QRacingのレーシングモードはドラッグ、サーキット、ラリーレースなどをサポートし、各モードのデータを図面化で精確的に分析する。ユーザーの記録によって、仮想ベストや、ベストラップタイムなどの参考目標を立て、成績を挑戦しながら自分の走行テクニックを磨いて、上達なれるようにします。
レーシング軌跡は図面化の分析を進化する
Qstarzラップタイマーのご使用により、専属のQRacingソフト走行のデータを分析することが出来ます。最大3週ラップを同時に比較、分析、軌跡の動作を検視可能、さらに、Gセンサーと加速と減速の情報も見られます。
ラリーモードのロードブック作成をサポート(LT-6000Sに限り)
LT-6000Sデバイスのラリーモードには、QRacingソフト経由でロードブックの編集やプリントデータ出力のサポートが出来ます。
トラックの比較とラップの省略
QRacingには、同じサーキットコースの走行記録者と一緒に軌跡を比較と分析ができます。また走行の都合によりラップの省略も可能です。

動画の同期機能
QRacingは走行軌跡と動画のデータリングして統合する事が可能です。同じの軌跡データ内、最大九つ動画データをインポートが出来ます。統合完成の後に、同期した軌跡を含めた動画の鑑賞することができます。

便利な操作画面と簡単な設定操作
QRacingは大量データベースを基にして、各レーシングモードのサーキットを分析する専門ソフトウェーアであり、軌跡資料のインポートすることや、エクスポートすることも可能です。また、QRacingは多国言語を搭載した操作画面で、簡単なユーザインタフェースを提供し、ソフトウェーアの更新についてコース図も随時にアップデートし、最新コースデータを提供いたしますます。

コース図の搭載、コースの自動認識機能を支援
1. グローバルサーキットのコース図を内蔵
  QRacingは常にグローバルサーキットのコース図を統合し、 最新のコースデータのリリースもフリーで提供致します
 
2. サーキットの自動認識
  どのサーキットで走行練習や、レースの後に、Qstarzのラップタイマーをパソコンに接続して、QRacingソフトウェーアを起動し、新しいログデータを読込んだら、自動にサーキットコース図と一致させ、すぐに走行の分析ができます。 *もし新規サーキットの場合、自動にコース図を見つからなかったら、トラック記録をRCN形式ファイル出力して、EMAILでQstarz(info@qstarz.com)に連絡して頂ければ、コース図の製作も対応します。
 
3. フィールド名を編集可能
  QRacingに内蔵のフィールド(コース)名称はオフィシャルサーキット名さになりますが、新規サーキットやをログ込読後に自動認識してない場合、フィールド(コース)名称の手動編集も可能です。手軽くにサーキットの検索や判読することが出来ます。

 
4. フィールド(コース)のカテゴリ別でセッションを検索。
  数百回のセッション記録に対し、その中特定のセッションを確認したい場合、どのようにすぐ見付けるのが困っていたところ、 QRacingは同じフィールド名のデータをカテゴリに帰納し、左上の選択枠で場所名称から選択すれば、該当フィールドの全部トラック記録のまとめ表示ができます。
 
 
 
簡単なビーコンの編集
1. 簡単なビーコンの編集
  もしQRacingはサーキットのコース図の自動認識を対応してなければ、軌跡記録を分析する前に、手動でビーコンを標記できます。QRacingには四種類のビーコンタイプ-スタート.ゴール、スタート、ゴール、スプリットをビーコン出来ます。
 
2. ビーコンセット管理の対応
QRacingは同じサーキットでもに多数ビーコンセットを対応することができます、さらに、異なったビーコンセットにしても同じのトラックを分析する事も可能で、ユーザーの好みにより、様々な分析ができます。
 
3. ビーコンを簡単にインポート/エクスポート。
  QRacingにビーコン専用BCN形式ファイルをインポートする機能が対応します。 または友達にシェアにするエクスポートの機能も出来、QSTARZ Q6000/6000Sデバイスにエクスポートの計測使用も可能です。
図面化データによる、走行軌跡を分析します
1.各種類の軌跡を分析する
QRacingはサーキット、ドラッグとラリーレースモードを対応し、またサーキットモードでは四種類のカテゴリを分類しています。(予選、スプリント、耐久、その他)
 
2. ラップタイムと走行情報から詳しい分析表示機能が付き
  分析のテーブルフォーマット表から平均、最大、最小速度などを表示し、区間検視も(スプリットからスプリットまで)、スプリット検視(スタートからスプリットまで)、と標記ビーコンの通過速度の表示を分析し、各ラップとベストラップの詳細な比較分析データの確認ができます。
 
3. 「仮想ベストタイム」と「ベストラップタイム」の表示
  QRacingはユーザーの走行セッション記録を基づいて、「仮想ベストタイム」と「ベストラップタイム」を計算と表示し、ユーザーに各種の分析によって、個人パフォーマンスをアップできるように役に立つ参考情報を提供いたします。
 
4. ラップの比較基準を調整ができます
  QRacingには情報ラップの基準はベストラップを指定されますが、 ユーザーが各目的による、比較基準のラップ変更もできます。
 
5. 馬力の分析(ドラッグモードのみ)
  QRacingはユーザーの車両に最大/平均の馬力計算データを表示可能。 このデータ表示は0から400メートルや1/4マイルのドラッグモードに限り。
進化する図面化からユーザーの軌跡を分析する
1. ベストラップの記録と分析をする。
  QSTARZのラップタイマーを使用すると、QRacingがベストタイムと 他の詳細分析データを提供致します。
 
2. 最大3ラップを同時再生による比較分析
ユーザーは最大三つラップを異なる色で選択し、同時に再生し、比較と分析をすることが出来ます。また、距離や時間による基準をで図面化したグラフで分析と比較します。
 
3. ドラッグレースの分析
ドラッグのログ記録をインポートする際にQRacingでは走行タイプの(0-400メートル、0-100キロなどを)選択し、すぐに全部ドラッグレースのタイム成績を表示が出来ます。成績を検視する際にも4分割か10分割のデータにより当分の成績を詳細分析ができます。
 
4. コース軌跡やグラフにカラータグの付け機能。
軌跡やグラフに三つ異なる色タグを標記するが可能、 どちらが加速点や減速点ポイントの判別標記もなれます。
 
5. Gセンサー分析のG数値宇示
QRacingはトラックを再生した同時に、車両のG数値表示と配布情報も表示可能。
 
6. 加速線と減速線の表示
QRacingはトラック画面で加速/減速ラインの表示を対応し、ユーザーが同時に異なっているラップ軌跡を比較する際、いつ加速/減速状態はすぐに分かります。(太い線は減速、細い線は加速)
 
7. 軌跡の回転
QRacingは軌跡図を360度の回転することが対応します。
 
8. 軌跡を検視します
QRacingは最大三つのラップを同時に再生検視ができ、リアルな速度やGセンサーの情報を得り、さらに、スタートラインからスプリットまでの選択して、特定区間内の細かい分析できます。
ラリーのロードブック機能サポート(LT-6000Sデバイスの対応限定)
 
1. ラリーモードでロードブックの編集サポート
ラリーレースの機能は、ユーザーがなビーコン標記点に対する情報を追加し(名称や説明)、正規ラリーレースのためのロードブックが作れます。QRacingにラリーレースを選択して、LT-6000Sからインポートしたビーコンを編集して、毎ビーコンに重要な説明を入れ、或いは、都合によりビーコンを新しく増加するか、編集こともできます。
 
2. ロードブックのプリントをする対応
  ラリーレースのロードブックを編集した後、エクスポートしたファイルがHTML形式として保存します。ユーザーは簡単にホームページからロードブックをプリントすることができます。副操縦士がこのロードブックをドライバーに路線を指導するや、重要な案内インフォメーションの提供します。
 
トラック記録の比較とラップを省略する
 
1. コース記録者や、友人との軌跡を比較
  QRacingは同じの計測モード(サーキット、ドラッグ、ラリー)で、或いは同じのコースでトラック記録を比較する事が出来ます。自分の記録や友人、記録者などと一緒比較します。
 
. ラップの省略
ユーザーが正式レースの前に、最初の道路偵察やウォーミングアップラップを行うことがあって、QRacingがこの選定したラップを省略する事も対応出来ます。
 
 
動画の同期機能
 
1. 最大九つ動画を同時に同期するのができます
  QRacingはトラックデータを動画とリンクし、同じ軌跡で最大九個動画データと同期することが出来ます。
 
2. 簡単な手順で軌跡と動画を同期させます。
 
 
 
便利な使用界面と手軽な操作の設定
 
1. 完備なデータベースと多言語の作業環境対応
  QRacingは走行資料をデータベース仕組みで全部の走行軌跡を管理しています。また、八種類の言語を対応しています。
 
2. レーシングタイプやフィールドにより、カテゴリ検索
ユーザーが便利な手順でレーシングタイプ(サーキット、ドラッグ、ラリー)やフィールドによって、分析したい軌跡記録を検索することができます。
 
3. トラックデータのインポートとエクスポート
ユーザーが自分のコースベスト記録を友人にシェアするか、保存するかにして、QRacingはRCN形式ファイルで走行データを保存して、または他の形式KMLや、GPXや、NMEA、CSVを保存もできて、他のユーザーのRCN格式で走行データ 自分のQRacingにインポートすることもできます。
 
4. 画面のキャプチャーする対応
QRacingは画面のキャプチャーする対応ができます。QRacingの動作画面を キャプチャー可能、ニーズによる、逆色画面のキャプチャー対応も出来ます。
 
5. 時間の変更による走行セッションを分割ができます。(BT-Q1000eXのみ)
ユーザーが一日中にコースで何回セッションも走る事が多いため、 QRacingは時間区間設定により、走行セッション記録を分割することができます。
 
6. グーグルアースでトラックの検視
ユーザーがグーグルアースから走行軌跡を検視することができます。
 
7. AGPSのダウンロードを対応
AGPSとは、衛星を速めに定位する補佐システムです。インターネットの環境で、QRacingは自動的にダウンロードと更新ができます。 ※AGPSは毎回更新したら、最長七日間に使用可能ですが、失効したAGPSにはGPSの有効定位を影響される恐れがございます。そのため、毎回利用する前に、是非デバイスのAGPSを更新した方がお勧めです。
 
8. ソフトウェアとコース図の自動更新
毎回QRacingを起動すると、ソフトウェアとコース図の最新バージョンの偵察 を行います。更新バージョンがあれば、更新請求の知らせがきます。